Comparison of BitZeny(ZNY) and other coins in Google Trends

  • 2018.01.05 Friday
  • 22:45

Google Trend is a tool that allows you to examine the search volume on Google.

 

As the search volume is strongly correlated with people's interest and the degree of interest closely correlates with the price of a cryptocurrency, Google Trend would be a good tool to predict the future price/trend of a cryptocurrency.
 

For example, below is the result of "Bitcoin" 

 

 

The chart of Bitcoin is like this.

 

 

There is a clear correlation.

 


Then, I compare BitZeny (ZNY) with other cryptocurrencies.

 

Bitzeny-400

 

BitZeny comes about 400th(2.5billion yen) in market capitalization ranking. First, I compared BitZeny with other cryptocurrencies that come around 400th in the ranking.

 

I chose cryptocurrencies randomly, avoiding those that are using common words that are likely to contain results other than cryptocurrency (eg PURE).

 

I chose Auroracoin, Asiacoin, Blitzcash, Trezarcoin.

 

BitZeny (ZNY) is light blue. It overwhelms the search volume of other coins.

 

Bitzeny-200

 

Next, comparison with coins around 200th in the ranking.

 

I chose Spectrecoin, Nolimitcoin, Sibcoin, Minexcoin.

 

Although all coins clearly have much larger search volume when compared with coins around 400th, BitZeny still comes to the top.

 

Bitzeny-100

 

Next is a comparison with coins around 100th in the ranking(about 25billiion yen).

 

I chose Dentacoin, Nav Coin, Einsteinium, Cryptonex.

 

BitZeny ranks the third place.
 

 

BItzeny-50

 

Finally, a comparison with the coins of around 50th place in the ranking, which market capitalization is about 50 to 60 billion yen.

 

I chose Reddcoin, Byteball, Bytom, Dragonchain.

 

Some are relatively well-known coins. The search volume of BitZeny is obviously smaller than the others, but it wins one coin and comes fourth.

 

Conclusion


The above results are the results of the last seven days. Although Bitzeny's search volume is smaller compared to the early December, when its price boomed, it has fairly large search volume.

 

As far as Google trends are concerned, BitZeny's market capitalization can be around 25 billion yen, that is, about 200 yen to 300 yen (2 dollars to 3 dollars).

Google Trendsに見るBitZenyとその価格(時価総額)分析

  • 2018.01.05 Friday
  • 12:24

Googleトレンドは、Googleにおける検索ボリュームを調べることができるツール。

 

検索ボリューム=人々の関心度合いと、おおよそ考えることができると思われ、人々の関心の度合いは、仮想通貨の価格と密接な相関関係にあるため、今後の価格の推移などを予想する一つのツールになるのではないかとおもっています。

 

たとえば、Bitcoinで調べてみるとこんな感じ。

 

 

一方で、Bitcoinの価格推移はこんな感じ。

 

 

明らかに相関関係があります。

 

そこで、私がいま注目しているBitZeny(ZNY)を他の仮想通貨と比較してみた。

 

Bitzeny-400

 

まずは、時価総額ランキングにおいてBitZenyとランキングが近い400位前後、時価総額20から30億の仮想通貨と比較してみる。

 

比較対象の選び方はランダムなのだが、一般的な語を使用していて仮想通貨以外の結果が含まれそうなものは避けた(たとえば、PUREとか)。

 

比較対象に選んだのはAuroracoin、Asiacoin、Blitzcash、Trezarcoin

 

水色がBitZeny(ZNY)だが、他のコインの検索ボリュームを圧倒している。

 

Bitzeny-200

 

つぎに、200位前後の通貨との比較。

 

比較に選んだのは、Spectrecoin、Nolimitcoin、Sibcoin、Minexcoin

 

すべての仮想通貨が、400位前後の仮想通貨と比べると明らかに検索ボリュームが多いのだが、それでもBitZenyがトップに来ている。

 

Bitzeny-100

 

つぎは、100位前後、時価総額250億円程度の通貨との比較

 

比較したのは、Dentacoin、Nav Coin、Einsteinium、Cryptonex

 

これで比較すると3位になった。

 

BItzeny-50

 

最後は、50位前後、時価総額500から600億円の仮想通貨との比較。

 

Reddcoin、Byteball、Bytom、Dragonchain。

 

比較的名の知られたコインもあり、さすがにBitZenyは底を這う感じだが、それでも一つには買って4位。

 

■結論

 

上の結果は直近の7日なので、暴騰していた12月初頭と比べていると検索ボリュームはかなり落ちているのだが、それでもこれだけの検索ボリュームがある。

 

Google トレンドを見る限り、注目度としてはBitZenyは、時価総額250億円程度、つまり今すぐ200円から300円程度になってもおかしくないと結論付けることができると思う。

 

英語版もかきました

What is BitZeny(ZNY) tip bot "Zenyhime" and how to use it?

  • 2017.12.31 Sunday
  • 05:38

 

Zenyhime will stop providing its service by the end of March, 2018.

If you have a Zenyhime account, withdraw all funds as soon as possible (tweet @Zenyhime withdrawall ZNY-ADDRESS).

Zenytips is another BitZeny tipping bot on Twitter and you can use it basically in the same way. From now on, let's use Zenytips!

 

What is Zenyhime?

 

Zenyhime(@zenyhime) is a tip bot which works on twitter. You can tip or send BitZeny(ZNY) to a twitter account. If you talk to Zenyhime, it will creat a ZNY address associated with your twitter account. You can send, tip and receive ZNY.

 

How to use Zenyhime?

 

For example, if you want to tip 1.14 ZNY to my account(@habomaisyoto), tweet

 

@zenyhime tip @habomaisyoto 1.14

 

You can add a comment, if you want.

 

@zenyhime tip @habomaisyoto 1.14 Thanks! 

 

Other basic commands

 

balance: Display your ZNY balance.
@zenyhime balance Comment(Optional)

 

You can check your ZNY balance. If you tweet this command to zenyhime, zenyhime will reply to you.

 

My twitter account has 252.2 ZNY.

 

deposit: Display deposit address
@zenyhime deposit Comment(Optional)

 

send: Send ZNY
@zenyhime send @user-to-send amount(ZNY) Comment(Optional)

 

tip: tip ZNY
@zenyhime tip @user-to-tip amount(ZNY) Comment(Optional)

 

withdraw: withdraw ZNY
@zenyhime
yourZNYaddress amount(ZNY) Comment(Optional)

 

withdrawall: withdraw all your ZNY
@zenyhime
withdrawall yourZNYaddress Comment(Optional)

 

How to receive a tip?

 

When you got a tip from somebody, you need to tweet @zenyhime balance within three days. If you do not do it, the tip will be returned to the sender. On the other hand, when you got ZNY using @zenyhime send, you do not need to tweet @zenyhime balance

 

How can I get a tip?

 

The BitZeny community is currently working hard to expand overseas. If you tweet about BitZeny on Twitter, you may get a tip. In addition, a lot of projects that you can get BitZeny are in progress. Please check it on Twitter.

What is BitZeny(ZNY)?

  • 2017.12.24 Sunday
  • 00:33

 

BitZeny(ZNY) is a cryptocurrency which has gained dramatic attention in the past few weeks and its price soared more than twenty times. Some people call this coin “the second Monacoin” because both coins were originally developed by a Japanese developer and avidly supported by Japanese people. 

 

BitZeny was developed by a Japanese developer in 2014 and most holders (presently) seems to be Japanese people. For that reason, most information about BitZeny is in Japanese language. I decided to write this article to spread information about this currency to English speaking people. I am only a supporter (and a holder) of BitZeny and I do not have much knowledge about the technical side of this currency. Thus, I do not (and cannot) write in detail about technical aspects.

 

1. What is BitZeny?

 

BitZeny is a cryptocurrency developed by a Japanese developer in 2014. The original developer was missing for a while, but he (she?) appeared again in December 2017 (Twitter) and announced that he will participate in the development. At the same time, the official BitZeny website was updated.

 

While the original developer was absent, BitZeny has been developed by volunteers. The BitZeny community is very vigorous and active. One of the main sites is 'BitZeny forum'.  The new official wallet was released by these volunteers.

 

A major technical feature of BitZeny is that it can be mined with CPU. Unlike many other cryptocurrencies, it is possible to mine a fair amount by mining with CPU. You do not need to have pricey ASIC or GPU(video card). Mining software can be downloaded on the official website and there are plenty of information on how to mine this currency. The official website also appeals this point.

 

So BitZeny is an easy-to-enter currency when you get interested in cryptocurrency and mining. I believe this is one reason why BitZeny got huge attention. After the price rose in December, many mining pools were born and mining environment is increasingly enriched.

 

2. BitZeny Services

 

BitZeny Wallet

BitZeny Online Wallet. Provided in Japanese and English.

 

Zenyhime

You can send a tip on Twitter using "Zenyhime".

 

 

 

tipmusic

You can send a tip to a music clip.

 

tipVideo

You can send a tip to a video clip.

 

Nagesen.ch

BBS where you can tip a comment.

 

In addition to these services, there are some webshops you can purchase with BitZeny. Zenyshop is one of the oldest shops you can pay with BitZeny.

 

After the price rose in November 2017, various services are born one after another. 

 

Most recently, an Unagi restaurant in Saitama prefecture announced that it will adopt Bitzeny as a means of payment.

 

3. Communities

 

BitZeny forum

In Japanese but some threads are in English.

 

Telegram - BitZeny Japan

Telegram BitZeny English

 

Discord

 

Latest information on BitZeny can be found on Twitter. Please try search "BitZeny" or "ZNY" on Twitter.


4. What is the reason for the surge?

 

BitZeny price chart.

 

 

 

Why did the price soar? In my opinion, there are several factors.

 

- Price of Monacoin(MONA), which is also developed by Japanese people, soared.

 

- Listed on several stock exchanges(Stocks.exchaneg and Cryptobridge).

 

- The new official wallet of BitZeny has released.
 
- The attention to mining increased. And BitZeny, which "Can be mined with an ordinary personal computer", attracted attention.

 

5. Where can I buy BitZeny?

 

Currently, five exchanges list BitZeny.

 

-C-CEX

-Novaexchange

-Cryptobridge

-Stocks.exchange

-Tradesatoshi

 

C-CEX had been the biggest BitZeny exchange for a long time, but I do not recommend this exchange now because it is now "on vacation" (as of December 27th)and you cannot send or withdraw cryptocurrencies including BitZeny. Novaexchange was the second exchange but it will be closed soon.

 

I strongly recommend using Cryptobridge or Stocks.exchange to buy BitZeny. Cryptobridge is DEX(Decentralized Cryptocurrency Exchange) and BitZeny trade is getting active day by day. Tradesatoshi added BitZeny just recently, so its BitZeny trade is not so active. 


Updated on December 30, 2017

 

 

スマホが壊れて二段階認証解除を依頼したその顛末記

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 00:37

1. スマートフォンが壊れる

 

10月末、なんの前兆もなくスマートフォンが壊れました。二段階認証がらみで非常に面倒くさい思いをしたのでその顛末です。

 

Googleの二段階認証は、機種が壊れると大変面倒なことになるというその危険性は認識しており、対策を取らねばならないことは分かっていたため、スマートフォンの機種変更をする際に変えようと思っていました。しかも、あらたなスマートフォンはすでに入手ずみで、さあそろそろ休みの日にでも時間をとって設定をしようかとおもっていたところで、突然スマートフォンがうんともすんとも言わなくなりました。最悪すぎるタイミングです。

 

私が開設している取引所の数は12もあり、そのうち半数以上は海外の取引所で、それをすべて解除するのは地獄。そもそもできるのだろうか、無理とちゃうか?というわけで、スマホどうにか治らないか、データをとれないかなどなどいろいろと手を尽くしたわけですが、どうみてももう無理っぽいことが判明。

 

とりあえずログインできる取引所はすべてログインして入っている資金を可能な限り移動。すると取り急ぎ解除を依頼しなければならない取引所は国内2つ(ザイフコインチェック)、海外2つ(ビットトレックスとナイスハッシュ)になりました。

 

さらにいろいろ調べてみると、二段階認証の解除はそこそこ面倒であるものの、どうにかなりそう、ということでスマートフォン修理は諦めて二段階認証解除を試みることにしました。

 

2. 国内取引所編(ZaifとCoincheck)

 

まず、国内取引所ですが、私はZaifCoincheck、Bitflyerを作っており、そのうち口座を作ったばかりのBitflyerはメールによる二段階認証にしていためセーフ。

 

ZaifとCoincheckで二段階認証の解除を依頼しました。二段階認証の解除は、いずれの取引所でも説明があり、問い合わせのメールを送れとのことです。

 

メールを送ったのは、10月23日の午前中(夜中)。文面をつくり、両取引所にはほとんど同じタイミングで送信しました。メールにはアカウント情報、残高なども記載しておきました。

 

ZaifとCoincheckからは翌日の昼頃、ほとんど同じような時間帯に返信があり、Zaifからは解除しました、との連絡、CoincheckからはIDセルフィーを遅れとの連絡でした。CoincheckにIDセルフィーを送ったところ翌日に二段階認証は解除されました。

 

3.1. 海外取引所編(Bittrex)

 

ビットトレックスの二段階認証解除方法はYoutubeに動画が上がっていました。

 

 

まずビットトレックスでは、サポートのページでアカウントを作り、サポートのチケットを発行します。

 

 

ここで二段階認証解除を依頼するメールを送ると、米ドル換算1000ドル以上の場合、直近の取引履歴、日付入りのIDセルフィー、名前住所など可能な限り詳細に記して送れ、という指示を書いたメールがくるのでそれを送れば解除してくれるとのこと。

 

時間短縮のために最初からそれらをすべて用意して送りました。するとYoutubeでもすでにみた定型文のメールが同時に返信されてきました。これに気づいたのが翌日だったため、翌日に、最初のメールに「すべて書いてあるし、セルフィーも添付してあるから解除してくれ」と書いて送ると1時間以内に解除されてました。IDセルフィーでは日本語でしか書いていない運転免許証を送ったのですが、とくに問題なかったようです。恐ろしく早かったので驚きました。

 

3.2. 海外取引所編(Hashflare)

 

クラウドマイニングに利用しているHashflareですが、How to rest 2-factor authentication(二段階認証のリセットの仕方)というズバリのページが用意されており親切です。それによると、

 

Account Details:
1. Screenshot of your account's History (if available)
1.1. Email
1.2. Wallet
1.3. First Name
1.4. Last Name
1.5. Company (if present) 
1.6. VAT Code (if present) 
1.7. Address 1
1.8. Address 2
1.9. City
1.10. Region
1.11. Country
1.12. Postal Code
Payment information:
1. Information about past purchase(s): invoice ID, quantity of purchased hashrate, price, payment method
2.2. Balance
2.3. Hashrate
2.4. Pool allocation

 

を分かる限りおくれとのことで、まあ、だいたい他の取引所と同じようなものでしょうか。ここはあまり急ぎではないためこれから送ろうと思います。

 

4. 二段階認証対策

 

意外とどうにかなったなあ、という印象ではあるのですが、それでも非常に手間がかかったことには代わりはありません。また、今回はうまく解除してくれましたが(Nicehashはまだだった)、トランザクションのデータがあまり残っていなかったり、あるいは取引所によっては解除しれくれないというケースもあるかもしれないとおもいます。

 

これまでは、Googleの二段階認証を利用していたのですが、これからはAuthyを利用することにしました。Google二段階認証はバックアップを取るためにはコードをしっかり記録しておくか、もしくは二台以上に読み込ませるなどしなければならないのですが、Authyは携帯紛失などしてもバックアップがクラウドに残っているとのこと。

 

というわけで、セキュリティ面についてしっかり考えていかなければ大変なことになるなあ、という教訓をえたのでありました。しかし疲れた…。

現在の仮想通貨資産合計(2017年10月20日現在)

  • 2017.10.20 Friday
  • 23:58

10月20日現在の資産状況

 

各取引所別

 

Zaif 308607

Bitbank 28557

Coincheck 140351

Bittrex 403424

Indie Square 32000

Liqui 30849

Yobit ごくわずか

Nova Exchange ごくわずか

C-CEX ごくわずか

その他 468442

 

計 1,574,455円

 

8月11日 11万 → 9月17日 38万 → 10月20日 157万。

 

最近のMONAの値上がりはまったく恩恵を受けられなかった。値上がりする直前に1000単位ほどもっていたのだがすべて58円くらいで売却するという大失態。

 

当時は自動取引プログラムの作成にハマっていたため情報も調べていなかったのが最大の失敗要因。

 

自動取引プログラムはまずはRubyで、つぎにPythonをつかった自動取引プログラムをつくった。いくつかプログラムを作ったのだが、これはどちらかというと損するプログラムしか作れていない。というか現在進行系で動かしているが、現在進行系で損をしている(笑)やめればいいのかもしれないが、悔しいのでやめられない。

 

Zaif、Coincheck、Bitflyerの三つでAPIをつかってみているが、Zaifが一番ダメダメで、注文が通るまでやたらと時間がかかったり、注文キャンセルでエラーが出たりと、このダメさ加減でだいぶ損している気がしている。Zaifは初めて作った仮想通貨取引所のアカウントで、マイナス手数料のこともありメインと考えていたのだが、ちょっとやめようかなあと思ったりもしている。少なくともBTCの取引には向いていないかと。

 

原資が12万なので10倍以上になっている。いま思えば原資を借金してでも100万くらい突っ込んでおけばと思わずにはいられない。

 

現在資産の割合は、BTCが7割、その次がBitZenyという感じなので、ビットコインが最高価格を更新しそうな勢いというこの高値の恩恵を被っている。

 

あとは、なんといってもBitZeny。最近値上がりしているが、値上がりが始まるあたりで結構買ったのが効いている。BitZenyは売る気はなく、MONA位の価格になることを期待している。

最近ショックなのは、ついさっきZaifトークンを思い切り高値の7.8円で数万円かったことである。かって数時間で、すでに2万円くらいの損失が…ふだんなら買わないのにどうかしていた…

 

とにかく自分がよいと考える方法を地道にやることが必要だなあと感じている。衝動的にザイフトークンなんか買ってはだめだな…

現在の仮想通貨資産合計(2017年9月17日現在)

  • 2017.09.17 Sunday
  • 23:58

Zaif 124,507円

Bittrex 1330.67 USD

Coincheck 15296円

Bitbank 22345円

Liqui 35315円

その他 約40000円

 

計 384350円

 

前回の資産合計報告より入金していないので、それなりに増えてことになる。一時は、50万くらいまで増えた気がするが(ちゃんと計算してない)、その後BTC、アルトコインの下落により大きく減少。それでも8月27日より増えているので、まあ良しとしたい…

 

前回より新たにNovaexchangeとLiquiでアカウントをつくった。

 

Liquiは、MobileGoを買うためにアカウントを作り、MGOは現在698枚ほどかっている。

 

 

 

しかし、悲しいことに思いっきり損している。

 

ほかにBittrexで買ったアルトコインはほとんど大きく損しており、とくに日本円換算1300円くらいで買ったMonacoが現在775円くらい、2.8円くらいで買ったSNTが2.35円、3500円くらいで買ったNEOが2100円くらいと、揃って大きく含み損。

 

あとは、リップルもそこそこもっているほうなので最近の下落が悲しい…

 

Liquiはアカウントに長期間コインを入れておくのはなんとなく怖いので引き出したいのだが、ウォレットを入れるのも面倒でそのままになっている。Bittrexも同様に長期間アカウントに入れておきたくないのだが、コインの種類が多すぎて面倒で手を付けていない。保有する数は減らしていきたいと思っているのだが…

 

そんなわけで長期保有のつもりで買ったのは大半が含み損である。ではなぜ増えているのかというと短期トレードが上手くいっており、それでなんとか増えている感じ。長期保有はやめて短期トレードだけに集中した方がいいのかもしれない。まあ、このまま上手く行くかどうかは分からないが。

 

とりあえずBTCの上昇、MobileGoとリップルの上昇を願っております。

現在の仮想通貨資産合計(2017年8月27日現在)

  • 2017.08.27 Sunday
  • 08:38

 

Bitbank  27930円

 

 

 

Bittrex 959.14USD = 104531円

 

 

Zaif 29564円

 

Coincheck 19525円

 

その他 93676円

 

計 275226円

 

前回現在の仮想通貨資産合計(2017年8月11日現在))より2万円入金したので、原資は12万円。あとはハッシュフレアなどもここから出しているので、12万円が約30万円になったことになる。8月11日から約二週間で2.5倍くらいになっている。この期間のビットコインの価格変化を考えるとなかなか良い成績ではないだろうか。

 

意外と順調で喜ばしいはずなのだが、気分があまり晴れ晴れしていないのはザイフトークンが理由。

 

0.1円くらいで100,000ZAIF買っていたのだが、0.2円になった時点でほとんどすべてを売却。

 

現在なんと約2円をうろうろ。ずっともっていたらそれだけで20万になっていたのにと思うと苦しい。

 

あとはモナコインもでみんな売っぱらったのだが、売った直後に20パーセントくらいあがっているという…

 

利益が出た方はあまり記憶に残っていないのに、利益を掴み損ねた方がもっとも記憶に残るというのは不思議。

ハッシュフレアでさらにSha-256を購入

  • 2017.08.24 Thursday
  • 03:35

もう数日前のことになるが、ハッシュフレアでさらにSha-256を購入してみた。

 

これまでの合計投資額は以下のようになる。

 

    購入額(USD)

収益(2017/8/23)

X11(DASH) 10MH/s 58 0.26ドル
Scrypt 5MH/s 65.48 0.53ドル
Sha-256 1.2H/s→1.28TH/s 144 1.32ドル

 

Sha-256とScryptは収益を再投資することにしてあり、Sha-256に投入し現在1.28TH/sになっている。

 

合計267.48ドル。日本円にして30000円弱を投じていることに成る。

 

ハッシュフレアはサーバーがエラーをかえしてきてログインできなかったりすることがよくあり、かなり不安になるのだが、一応長いことつづいているクラウドマイニングサービス。信じております。頼むよハッシュフレア。

 

ところで、プールの設定をどうすればいいのかさっぱりわからないのだが、これでいいのだろうか。

 

 

ハッシュフレアでScryptとSha-256のマイニングを追加購入

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:41

 

以前、クラウドマイニングサービスのハッシュフレアでX11マイニング(DASH)を買ったのだが​(ハッシュフレアでクラウドマイニングしてみることに。参考)さらに追加で、ScryptとSha-256のマイニングも買ってみた。いずれもビットコインがマイニングできるらしい。

 

Sha-256の方は、200GH/s(0.2TH/s)で、24ドル。

Scryptの方は、5MH/sで、65.48ドルだった。

 

購入額と一日あたりの収益をX11マイニングも含めてまとめると以下のうようになる。

 

    購入額(USD)

2017/8/15(USD換算)

 %day 元とるには 
X11(DASH) 10MH/s 58 0.36 0.6207 161.1
Scrypt 5MH/s 65.48 0.28 0.4276 233.9
Sha-256 200GH/s 24 0.19 0.7917 126.3

 

X11はDASHで、ScryptとSha-256はビットコインで払い出されるが、収益はUSDに換算してある。

Sha-256が現時点ではもっとも効率がよく、126日でもとが取れる計算。

一方SCRYPTが一番びみょうという感じ。といってもこのまま予定通りいくことは120パーセントないので、

実際のところそれほど意味はない気もする。

 

ネットの情報などをみてみると、X11はもとが取れないとか、ScryptとSha-256だとScryptがいいとか、ここにあげた一日分のデータとはまったく逆の物がおおくみうけられるが、マイニングがいかに変動しやすいかを表しているといえそうである。

 

ハッシュフレアでは、ほかにイーサリアムのマイニングもやっているので、せっかくだからこれもかってみようかとか迷っている。

 

ところで、ハッシュフレアの広告がなかなか味があって私はけっこう好きです。↓

 

HashFlare

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

Exchanges

Binance

取引高世界一。見やすく、安定していて世界一になる理由もうなずける。今始めるならバイナンスは必須。

Bitflyer

FXでつかってます。FXでえげつない利益をだしているひとがけっこういるらしい…。

Coincheck

アルトコインが豊富。ただたまに不安定?

Zaif

わたしが初めてアカウントを作った取引所。ザイフトークン他、ここでしか買えない仮想通貨がいくつかある。

Price

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

ビットコインとブロックチェーン
ビットコインとブロックチェーン (JUGEMレビュー »)
アンドレアス・M・アントノプロス

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM