スマホが壊れて二段階認証解除を依頼したその顛末記

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 00:37

1. スマートフォンが壊れる

 

10月末、なんの前兆もなくスマートフォンが壊れました。二段階認証がらみで非常に面倒くさい思いをしたのでその顛末です。

 

Googleの二段階認証は、機種が壊れると大変面倒なことになるというその危険性は認識しており、対策を取らねばならないことは分かっていたため、スマートフォンの機種変更をする際に変えようと思っていました。しかも、あらたなスマートフォンはすでに入手ずみで、さあそろそろ休みの日にでも時間をとって設定をしようかとおもっていたところで、突然スマートフォンがうんともすんとも言わなくなりました。最悪すぎるタイミングです。

 

私が開設している取引所の数は12もあり、そのうち半数以上は海外の取引所で、それをすべて解除するのは地獄。そもそもできるのだろうか、無理とちゃうか?というわけで、スマホどうにか治らないか、データをとれないかなどなどいろいろと手を尽くしたわけですが、どうみてももう無理っぽいことが判明。

 

とりあえずログインできる取引所はすべてログインして入っている資金を可能な限り移動。すると取り急ぎ解除を依頼しなければならない取引所は国内2つ(ザイフコインチェック)、海外2つ(ビットトレックスとナイスハッシュ)になりました。

 

さらにいろいろ調べてみると、二段階認証の解除はそこそこ面倒であるものの、どうにかなりそう、ということでスマートフォン修理は諦めて二段階認証解除を試みることにしました。

 

2. 国内取引所編(ZaifとCoincheck)

 

まず、国内取引所ですが、私はZaifCoincheck、Bitflyerを作っており、そのうち口座を作ったばかりのBitflyerはメールによる二段階認証にしていためセーフ。

 

ZaifとCoincheckで二段階認証の解除を依頼しました。二段階認証の解除は、いずれの取引所でも説明があり、問い合わせのメールを送れとのことです。

 

メールを送ったのは、10月23日の午前中(夜中)。文面をつくり、両取引所にはほとんど同じタイミングで送信しました。メールにはアカウント情報、残高なども記載しておきました。

 

ZaifとCoincheckからは翌日の昼頃、ほとんど同じような時間帯に返信があり、Zaifからは解除しました、との連絡、CoincheckからはIDセルフィーを遅れとの連絡でした。CoincheckにIDセルフィーを送ったところ翌日に二段階認証は解除されました。

 

3.1. 海外取引所編(Bittrex)

 

ビットトレックスの二段階認証解除方法はYoutubeに動画が上がっていました。

 

 

まずビットトレックスでは、サポートのページでアカウントを作り、サポートのチケットを発行します。

 

 

ここで二段階認証解除を依頼するメールを送ると、米ドル換算1000ドル以上の場合、直近の取引履歴、日付入りのIDセルフィー、名前住所など可能な限り詳細に記して送れ、という指示を書いたメールがくるのでそれを送れば解除してくれるとのこと。

 

時間短縮のために最初からそれらをすべて用意して送りました。するとYoutubeでもすでにみた定型文のメールが同時に返信されてきました。これに気づいたのが翌日だったため、翌日に、最初のメールに「すべて書いてあるし、セルフィーも添付してあるから解除してくれ」と書いて送ると1時間以内に解除されてました。IDセルフィーでは日本語でしか書いていない運転免許証を送ったのですが、とくに問題なかったようです。恐ろしく早かったので驚きました。

 

3.2. 海外取引所編(Hashflare)

 

クラウドマイニングに利用しているHashflareですが、How to rest 2-factor authentication(二段階認証のリセットの仕方)というズバリのページが用意されており親切です。それによると、

 

Account Details:
1. Screenshot of your account's History (if available)
1.1. Email
1.2. Wallet
1.3. First Name
1.4. Last Name
1.5. Company (if present) 
1.6. VAT Code (if present) 
1.7. Address 1
1.8. Address 2
1.9. City
1.10. Region
1.11. Country
1.12. Postal Code
Payment information:
1. Information about past purchase(s): invoice ID, quantity of purchased hashrate, price, payment method
2.2. Balance
2.3. Hashrate
2.4. Pool allocation

 

を分かる限りおくれとのことで、まあ、だいたい他の取引所と同じようなものでしょうか。ここはあまり急ぎではないためこれから送ろうと思います。

 

4. 二段階認証対策

 

意外とどうにかなったなあ、という印象ではあるのですが、それでも非常に手間がかかったことには代わりはありません。また、今回はうまく解除してくれましたが(Nicehashはまだだった)、トランザクションのデータがあまり残っていなかったり、あるいは取引所によっては解除しれくれないというケースもあるかもしれないとおもいます。

 

これまでは、Googleの二段階認証を利用していたのですが、これからはAuthyを利用することにしました。Google二段階認証はバックアップを取るためにはコードをしっかり記録しておくか、もしくは二台以上に読み込ませるなどしなければならないのですが、Authyは携帯紛失などしてもバックアップがクラウドに残っているとのこと。

 

というわけで、セキュリティ面についてしっかり考えていかなければ大変なことになるなあ、という教訓をえたのでありました。しかし疲れた…。

現在の仮想通貨資産合計(2017年10月20日現在)

  • 2017.10.20 Friday
  • 23:58

10月20日現在の資産状況

 

各取引所別

 

Zaif 308607

Bitbank 28557

Coincheck 140351

Bittrex 403424

Indie Square 32000

Liqui 30849

Yobit ごくわずか

Nova Exchange ごくわずか

C-CEX ごくわずか

その他 468442

 

計 1,574,455円

 

8月11日 11万 → 9月17日 38万 → 10月20日 157万。

 

最近のMONAの値上がりはまったく恩恵を受けられなかった。値上がりする直前に1000単位ほどもっていたのだがすべて58円くらいで売却するという大失態。

 

当時は自動取引プログラムの作成にハマっていたため情報も調べていなかったのが最大の失敗要因。

 

自動取引プログラムはまずはRubyで、つぎにPythonをつかった自動取引プログラムをつくった。いくつかプログラムを作ったのだが、これはどちらかというと損するプログラムしか作れていない。というか現在進行系で動かしているが、現在進行系で損をしている(笑)やめればいいのかもしれないが、悔しいのでやめられない。

 

Zaif、Coincheck、Bitflyerの三つでAPIをつかってみているが、Zaifが一番ダメダメで、注文が通るまでやたらと時間がかかったり、注文キャンセルでエラーが出たりと、このダメさ加減でだいぶ損している気がしている。Zaifは初めて作った仮想通貨取引所のアカウントで、マイナス手数料のこともありメインと考えていたのだが、ちょっとやめようかなあと思ったりもしている。少なくともBTCの取引には向いていないかと。

 

原資が12万なので10倍以上になっている。いま思えば原資を借金してでも100万くらい突っ込んでおけばと思わずにはいられない。

 

現在資産の割合は、BTCが7割、その次がBitZenyという感じなので、ビットコインが最高価格を更新しそうな勢いというこの高値の恩恵を被っている。

 

あとは、なんといってもBitZeny。最近値上がりしているが、値上がりが始まるあたりで結構買ったのが効いている。BitZenyは売る気はなく、MONA位の価格になることを期待している。

最近ショックなのは、ついさっきZaifトークンを思い切り高値の7.8円で数万円かったことである。かって数時間で、すでに2万円くらいの損失が…ふだんなら買わないのにどうかしていた…

 

とにかく自分がよいと考える方法を地道にやることが必要だなあと感じている。衝動的にザイフトークンなんか買ってはだめだな…

現在の仮想通貨資産合計(2017年9月17日現在)

  • 2017.09.17 Sunday
  • 23:58

Zaif 124,507円

Bittrex 1330.67 USD

Coincheck 15296円

Bitbank 22345円

Liqui 35315円

その他 約40000円

 

計 384350円

 

前回の資産合計報告より入金していないので、それなりに増えてことになる。一時は、50万くらいまで増えた気がするが(ちゃんと計算してない)、その後BTC、アルトコインの下落により大きく減少。それでも8月27日より増えているので、まあ良しとしたい…

 

前回より新たにNovaexchangeとLiquiでアカウントをつくった。

 

Liquiは、MobileGoを買うためにアカウントを作り、MGOは現在698枚ほどかっている。

 

 

 

しかし、悲しいことに思いっきり損している。

 

ほかにBittrexで買ったアルトコインはほとんど大きく損しており、とくに日本円換算1300円くらいで買ったMonacoが現在775円くらい、2.8円くらいで買ったSNTが2.35円、3500円くらいで買ったNEOが2100円くらいと、揃って大きく含み損。

 

あとは、リップルもそこそこもっているほうなので最近の下落が悲しい…

 

Liquiはアカウントに長期間コインを入れておくのはなんとなく怖いので引き出したいのだが、ウォレットを入れるのも面倒でそのままになっている。Bittrexも同様に長期間アカウントに入れておきたくないのだが、コインの種類が多すぎて面倒で手を付けていない。保有する数は減らしていきたいと思っているのだが…

 

そんなわけで長期保有のつもりで買ったのは大半が含み損である。ではなぜ増えているのかというと短期トレードが上手くいっており、それでなんとか増えている感じ。長期保有はやめて短期トレードだけに集中した方がいいのかもしれない。まあ、このまま上手く行くかどうかは分からないが。

 

とりあえずBTCの上昇、MobileGoとリップルの上昇を願っております。

現在の仮想通貨資産合計(2017年8月27日現在)

  • 2017.08.27 Sunday
  • 08:38

 

Bitbank  27930円

 

 

 

Bittrex 959.14USD = 104531円

 

 

Zaif 29564円

 

Coincheck 19525円

 

その他 93676円

 

計 275226円

 

前回現在の仮想通貨資産合計(2017年8月11日現在))より2万円入金したので、原資は12万円。あとはハッシュフレアなどもここから出しているので、12万円が約30万円になったことになる。8月11日から約二週間で2.5倍くらいになっている。この期間のビットコインの価格変化を考えるとなかなか良い成績ではないだろうか。

 

意外と順調で喜ばしいはずなのだが、気分があまり晴れ晴れしていないのはザイフトークンが理由。

 

0.1円くらいで100,000ZAIF買っていたのだが、0.2円になった時点でほとんどすべてを売却。

 

現在なんと約2円をうろうろ。ずっともっていたらそれだけで20万になっていたのにと思うと苦しい。

 

あとはモナコインもでみんな売っぱらったのだが、売った直後に20パーセントくらいあがっているという…

 

利益が出た方はあまり記憶に残っていないのに、利益を掴み損ねた方がもっとも記憶に残るというのは不思議。

ハッシュフレアでさらにSha-256を購入

  • 2017.08.24 Thursday
  • 03:35

もう数日前のことになるが、ハッシュフレアでさらにSha-256を購入してみた。

 

これまでの合計投資額は以下のようになる。

 

    購入額(USD)

収益(2017/8/23)

X11(DASH) 10MH/s 58 0.26ドル
Scrypt 5MH/s 65.48 0.53ドル
Sha-256 1.2H/s→1.28TH/s 144 1.32ドル

 

Sha-256とScryptは収益を再投資することにしてあり、Sha-256に投入し現在1.28TH/sになっている。

 

合計267.48ドル。日本円にして30000円弱を投じていることに成る。

 

ハッシュフレアはサーバーがエラーをかえしてきてログインできなかったりすることがよくあり、かなり不安になるのだが、一応長いことつづいているクラウドマイニングサービス。信じております。頼むよハッシュフレア。

 

ところで、プールの設定をどうすればいいのかさっぱりわからないのだが、これでいいのだろうか。

 

 

ハッシュフレアでScryptとSha-256のマイニングを追加購入

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:41

 

以前、クラウドマイニングサービスのハッシュフレアでX11マイニング(DASH)を買ったのだが​(ハッシュフレアでクラウドマイニングしてみることに。参考)さらに追加で、ScryptとSha-256のマイニングも買ってみた。いずれもビットコインがマイニングできるらしい。

 

Sha-256の方は、200GH/s(0.2TH/s)で、24ドル。

Scryptの方は、5MH/sで、65.48ドルだった。

 

購入額と一日あたりの収益をX11マイニングも含めてまとめると以下のうようになる。

 

    購入額(USD)

2017/8/15(USD換算)

 %day 元とるには 
X11(DASH) 10MH/s 58 0.36 0.6207 161.1
Scrypt 5MH/s 65.48 0.28 0.4276 233.9
Sha-256 200GH/s 24 0.19 0.7917 126.3

 

X11はDASHで、ScryptとSha-256はビットコインで払い出されるが、収益はUSDに換算してある。

Sha-256が現時点ではもっとも効率がよく、126日でもとが取れる計算。

一方SCRYPTが一番びみょうという感じ。といってもこのまま予定通りいくことは120パーセントないので、

実際のところそれほど意味はない気もする。

 

ネットの情報などをみてみると、X11はもとが取れないとか、ScryptとSha-256だとScryptがいいとか、ここにあげた一日分のデータとはまったく逆の物がおおくみうけられるが、マイニングがいかに変動しやすいかを表しているといえそうである。

 

ハッシュフレアでは、ほかにイーサリアムのマイニングもやっているので、せっかくだからこれもかってみようかとか迷っている。

 

ところで、ハッシュフレアの広告がなかなか味があって私はけっこう好きです。↓

 

HashFlare

COMSAのトークンセールの何かに登録してみたよ

  • 2017.08.13 Sunday
  • 11:17

 

COMSAのトークンセールだかなんかに登録してみた。

 

COMSAとはいったいなんなのか?Zaifのテックビューロが関係している何からしい。

 

10月にそのトークンがかえるとか何とか。サイトの説明をみてみると…

 

世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

 

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

COMSA は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

 

よくわかりません。これから勉強します。

BitZenyのマイニングを黒字化するには

  • 2017.08.13 Sunday
  • 08:46

 

 「230Wで10KH/sでれば一応黒字」と書いたけど、「230Wで10KH/sでればトントン」すね。

 

 10KH/sを230Wでたたきだすのは難しいと思われるので、10KH/sで1500ZNY/dayくらいの採掘効率、1ZNY=0.1円というレートでは黒字化するのはかなり困難と言っていいのではと思う。10KH/sで1500ZNY/dayでは使用しているPCの余剰パワーを使ってマイニングするくらいがちょうどいいのではないか。

 

 10KH/sで3000ZNYくらいになれば、460Wで10KH/s出せばよいということになり最新のCPUを使っていれば行けるのではないかと思う。

YoBit.Netでタダでもらえるコインの価値はいかばかりか

  • 2017.08.12 Saturday
  • 11:18

 

YoBit.Netにアカウントをつくってただで仮想通貨をもらったのつづき。

 

YoBit.Netでただコインをいっぱい手に入れられる!というわけで、その後もちまちまとクリックしつづけて、上の画像程度にためた。

 

では、このためたコインの価値はいかばかりなのか。調べてみた。

 

1単位以上もらえたものの価値を調べてみると…

 

PWR   0.00000001
TOKEN 0.00000001
PAC   0.00000001
POPPY 0.00000046
ASAFE 0.00000001
YES   0.00000001
BDC   0.00000001
TWERK 0.00000001
GLO   0.00000001
ESP   0.00000001
SLFI  0.00000001

 

POPPY以外はすべて0.00000001BTC。実際はこれでも買い手がついてない感じなので、それ以下という感じだろうか。

 

唯一0.00000001ではないPOPPYは、0.00000046BTC(46satoshi)、5POPPYもらえたので、0.00000230 BTC。

 

日本円に換算すると、0.8円くらいだろうか。

 

現時点での価値としてはクリックする価値もなさそうだが、そのうち大きく伸びる可能性にかけてちまちまクリックするのも悪くない…か?

 

とはいえ、上に上げた0.00000001BTC以下の価値のコインが暴騰する可能性はそうとう低そうである。

 

ちなみに、そこそこ価値のあるDOGEコインとか、DASHとかももらえます(微々たるものだが)。

BitZeny Walletができたので早速作ってみた

  • 2017.08.11 Friday
  • 21:19

BitZeny(ビッドゼニー)のオンラインウォレット https://bitzeny.jp/ ができたというので、さっそく作ってみた。

 

 

青を基調にしたサイトデザインで爽やか。

 

 

 

こんなニーモニック設定などもあり。

 

 

というわけでできた。私のアドレスは、ZhF2tRq6gXFME9qViXMaHLfzzkQia4VFgM。

 

これまでBitZenyは公式サイトからダウンロードしたPCウォレットと、C-CEXのウォレットをつかっていたのだが、公式サイトからダウンロードできるウォレットは起動に非常に時間がかかりストレスフルだった。C-CEXのほうはC-CEXのほうであまり安心できるとも感じられなかったので、このように選択肢が増えるのはとても良いことだと感じる。

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

取引所

Price

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

ビットコインとブロックチェーン
ビットコインとブロックチェーン (JUGEMレビュー »)
アンドレアス・M・アントノプロス

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM